病院で肝臓がんの検査を受ける|早期発見が最も重要な病気

女医

治療方法と症状

ドクター

良い治療方法

脳動脈瘤と診断された方は2種類の手術方法がある点を押えておきましょう。まず、その一つである開頭手術はその名前の通り、外科医が頭を開いて、幹部に金属製のクリップを使用し、閉鎖する方法です。血液の流れが入らないようにする為です。この方法では頭を開き、頭蓋骨の一部を取るので、やはり身体に負担はかかります。もう一つの方法が血管内治療です。これは頭を開いたりはしません。大腿動脈から細いチューブを入れ、幹部まで通します。幹部まで通ったら、プラチナ製のコイルをチューブから出し、脳動脈瘤に詰めます。詰め物がある為、血液が入り込まないようにする事が可能です。二つを比べると、身体に負担の少ない血管内治療が有効的です。その後の結果を見ても、血管内治療の方が成果をあげています。

症状に関して

大動脈瘤の症状はいくつもあります。脳動脈瘤が破裂した際には、激しい頭痛が症状として見られます。これは普通の頭痛とは異なる程の痛みです。その他に、吐き気や嘔吐、目のかすみ、感覚が無くなってしまったり、意識も無くなってしまいます。意識障害だったり、目などに症状が出てくる事が多いようですね。また、破裂するまでの間は、疲労感が多くなったり、倦怠感も強く感じます。集中力減少、物忘れが多くなるなど、とても分かりづらい症状です。他の病気でも起こりますので、なかなか診断が難しい場合があります。脳動脈瘤の診断はCTを撮影して、それを確認して出されます。なので、インターネットなどで症状を確認した時に、自分にも当てはまるなんて事があったら、CTを撮影してもらうのも良いでしょう。それで破裂する前に見つけ、早期発見が出来れば良いでしょう。