病院で肝臓がんの検査を受ける|早期発見が最も重要な病気

医者

広く活用されている検査法

診察

免疫沈降反応はさまざまな検査法の基礎となるようなものです。免疫電気泳動のように他の技術と組み合わせて使用されています。病気になったときに診断や治療を決定する際、血液などから情報を得るために役立っています。

もっと読む

がんを知る

男女

検査の方法もいくつかある

肝臓がんを早期発見するには、病院での検査が何よりも重要になってきます。血液検査や画像検査がありますが、それを行えば必ず発見できるとは限らないです。画像検査をしても肝臓がんかどうか確証が得られない場合、針や腹腔鏡を使って検査します。とくに、最近は腹腔鏡が進歩しており、がんを発見する能力も非常に高いです。しかし、腹部に穴をあけるので他の検査よりも身体に負担がかかります。心臓や肺に病気がある人や肝機能が落ちていて出血しやすい人は気をつけましょう。他の検査を受けるのがベストです。ちなみに、肝臓がんの治療法は外科的手法と内科的手法があります。どちらにもメリットとデメリット、注意点があるのできちんと理解しておきましょう。

がんと告げられたら

肝臓がんと医師から告げられた場合、多くの人は落ち込むでしょう。しかし、肝臓がん患者の生存率は年々上昇しています。適切な対処をすれば、進行を食い止められるようになりました。落ち込むのではなく、どう言う病気でどのような治療が必要かを十分理解し、病気に立ち向かうことが重要になってきます。しかし、家族や医師にどんなに励まされても、受け入れられない人も多いです。ですが、不安を一人で抱え込むのは良いことではありません。病院によっては患者の会を設けていたり、入会を勧めている場合があります。肝臓がん治療を受けた人の経験談を聞くことで、不安も解消されるでしょう。入会するのも良い方法です。もちろん、入会金などは不要です。

治療方法と症状

ドクター

脳動脈瘤は気付かないうちになっている事が多いです。破裂してしまってから、激しい頭痛により発見される事も多いです。なので、症状の知識、治療方法の知識を知っておき、早期発見をして、適切な治療方法で治しましょう。

もっと読む

従来とは違う免疫療法

ナース

ガンの従来の治療法には抗がん剤投与、外科手術、放射線療法の3つがあります。しかしながら、これらの治療法は体に負担がかりやすいです。そこで登場したのがNK細胞療法です。NK細胞を培養技術で増殖させて体内に戻して免疫力を高めてガン細胞を死滅します。

もっと読む